心の健康を管理する|独学で行政書士を目指すヒント|未来への扉を開く

独学で行政書士を目指すヒント|未来への扉を開く

メンズ

心の健康を管理する

コンサルタント

企業に必要な管理

国内にはあらゆる分野で「マネジメント」に関する資格が数多く実施されています。その中でも、特に産業分野での精神保健に関する資格として「メンタルヘルス・マネジメント検定」というものがあります。家庭や職場での人間関係など、現代の生活環境では常にさまざまなストレスにさらされています。それが原因で、特にひどい場合うつや適応障害などを引き起こしてしまい、仕事を離職や休職をしなければならないケースが増えてきています。このため企業ではいかに心の病気を未然に防ぎ、健康を増進させるかが課題となっています。メンタルヘルス・マネジメント検定では、これに応える形として、メンタルヘルスへの知識や技術、態度を学習させ、その習得度を判定します。最近では企業に対してストレスチェックの実施が義務化されました。社員にはますますメンタルヘルスに関する知識などが必要となっています。また、この資格で学んだ知識はあらゆる生活場面にも活用できるため、企業以外でも受験する人が増えてきています。

さらに上を目指す

メンタルヘルス・マネジメント検定には、自分のストレスに早く気付きセルフケアを行うことで心の不調を未然に防ぐことを学ぶ一般社員レベル、部下が不調に陥らないように配慮する方法とそれが見受けられた場合の適切な対処方法を学ぶ管理職レベル、企業全体でのメンタルヘルスに関する計画と実施を行う経営者レベルの3つがあります。受験資格は特になく、目的に合わせて受験することができます。メンタルヘルス・マネジメント検定は誰でも受験できることから、産業カウンセラーなどの心理系資格の取得を目指している人が、基礎知識の確認と腕試しとしても利用されています。また、一部の資格で経営者レベルと管理職レベルの試験合格が登録の条件になっているものもあります。このようにメンタルヘルス・マネジメント検定は他の心理系資格への足がかりとしても利用することができます。