独学で行政書士を目指すヒント|未来への扉を開く

ウーマン

コンテンツ一覧

女性に人気の資格

女性

医療事務は病院や診療所で受付、会計、診療費の計算、患者さんの対応などを行う仕事です。働きやすさや安定して仕事があることなどから女性の間で人気が高まっています。資格を取りたいと思ったら、医療事務講座を探してみましょう。大阪でも受けることができます。

詳細へ

自力で資格を取る

メンズ

資格取得が必要

行政書士として仕事をするためには、国が定めた資格を取得することが必要になってきます。資格を得たうえで業務を行っていくためには、各都道府県にある行政書士会に登録して入会する必要が出てきます。そして事務所を開設して初めて行政書士として活動することができるようになります。行政書士の資格を取得するためには、国家試験に合格することまたは国や地方の公務員として20年以上の経験があること、弁護士、弁理士、税理士の資格があることが必要になってきます。このうち公務員としての経験と各士業の資格がある人は、国家試験を受けなくても行政書士の資格を得ることができるようになっています。これ以外の人は試験を受けることになりますが、独学で勉強をしてこの試験に合格する人もいます。

市民を結ぶパイプ役

独学で勉強している人の中には、通信講座を受講している人が多くいます。自宅で学習することができてわかりやすいカリキュラムになっていますので、多くの人が通信講座を利用しています。独学で勉強すると何から手を付けてよいものやら困ってしまいますが、通信講座では適切に学習を行うことができます。行政書士が社会に果たしている役割は行政、法律と市民を結ぶパイプ役になります。私たちが生きていく上では役所に対して実に多くの届け出が必要になってきます。そのための書類の作成や、手続きを行っていくプロが行政書士です。書類の書式は変更になることも多く、法令に関する書類の書式について最新の知識と幅広い理解が欠かせません。独学で勉強している人にとっては、通信講座を利用することで最新の知識を得ることができます。

取得する際のポイント

握手する人

ビジネスで活かせる資格の取得方法は独学や専門学校があり、これらはさらに細かく分けることができます。また、ビジネスで活かすための資格を取得する際は、十分に検討を行った上で選ぶことによって価値が高くなります。

詳細へ

心の健康を管理する

コンサルタント

マネジメントに関する資格は数多くありますが、その中でも産業分野の精神保健に関するものとして「メンタルヘルス・マネジメント検定」があります。最近では企業だけでなく、それ以外でもこの資格を受験する人が増えています。また、他の心理系資格への入り口として利用することができます。

詳細へ